バンカーズボックス
「いつかフェローズさんとコラボして、 オリジナルボックスがつくれたら素敵ですね」
— G.F.G.S. —

2016.07.11

1

商談やミーティングをするオフィス。ファイルやキャビネット、CDなどと一緒にバンカーズボックスが並んでいる。使い勝手がよく、見た目も美しい。

 

いまも昔も人気で、誰もが1枚は持っていると思えるほど定番のボーダー。ボーダーのカットソーを受注生産する「ORDER BORDER(オーダーボーダー)」を展開するG.F.G.S.で愛用されているバンカーズボックスについて、代表/プロデューサーの小柳さんに話を伺った。

 

Q G.F.G.S.は、どのようなメーカーですか?

 

G.F.G.S.は、ピュアオーガニックコットンでオーダーのボーダーカットソーをつくる「ORDER BORDER」をメインにしたメーカーで、「Good Feel, Good Style.」の頭文字です。

ボディタイプ、袖丈、ボーダー幅、カラーを選んでオーダーしていただくのですが、ご注文をいただいてから生地の編み立てを始める「完全受注生産」で、1着からおつくりしています。

 

2

ひとくちでボーダーといっても、ボーダー幅やカラーは実にさまざま。世界に1着しかない、自分だけのボーダーカットソーがつくってもらえる

 

Q 「ORDER BORDER」のこだわりは?

 

ユニセックスということです。世代はもちろん、性別関係なく誰にでも着てもらいたいと思ってスタートしました。

原料のコットンはアメリカ・テキサスから輸入し、カラーは染料を調合してつくるオリジナルの色合い、また色落ちや色褪せしないように、糸の段階で染める“先染め”という工法を採用するなど、着たときの美しさを大切にしています。

また、ボーダーをきっかけにいろいろなプロジェクトを広げていきたくて、マガジンやCDなどをつくったり、いろいろなクリエイターとのコラボ企画も展開しています。

 

3

定期的に発行しているG.F.G.S.のマガジン。かねてからメディアが欲しいと思っており、今後もさまざまなメディアをつくって情報を発信していく。

 

Q バンカーズボックスはいつから使っているのですか?

 

オフィスを兼ねたこの店をオープンしたときから使っています。有名なクリエイターやアーティストが使っているのを見て、収納するならバンカーズボックスだと自然と思うようになり、ショップやネットで買い集めました。

 

4

703のブルーとブラックとレッドを愛用。スタッフにも評判がよく、G.F.G.S.の雰囲気に合うので今後も増やしていく予定。

 

Q 中には何を収納されているのですか?

 

オフィスのバンカーズボックスには主に書類が入っており、工場でも使っているんですけど、そっちには布地や糸、私物など、あらゆるものを入れて整理しています。

 

Q バンカーズボックスの気に入っているところは?

 

バンカーズボックスは、ひと言で言ってしまえばシンプルな箱なのですが、きちんとデザインされているんですよね。それを並べてレイアウトすると、空間がオシャレになるのが魅力です。

うちはギフトの要望が多いのですが、なかなか合う箱がないんですよね。ですから、ギフトボックスとして使えるようなバンカーズボックスがあったら嬉しいですね。

ボーダーもバンカーズボックス同様シンプルなのでうまくマッチするでしょうし、いつかフェローズさんとコラボして、オリジナルボックスがつくれたら素敵だなぁと思っています。

 

5

「オフィスの一角に並べてあるだけでも美しいと思う」と小柳代表。いろいろなモノが多く、整理整頓に大活躍している。

 

Q 展示会などでもバンカーズボックスを活用されているそうですね。

 

はい。展示会などのときは、パンフレットやサンプル、在庫、備品などを入れてそのままブースに置いています。便利なうえ、見た目もオシャレなので。しかも、頻繁にモノを出し入れしたり、運んだりするのですが、持ち運びしやすくてものすごくタフ。この使いやすさと頑丈さは想像以上でした。

 

Q こんなバンカーズボックスがあったらいいなと思うことはありますか?

 

カラーバリエーションが増えるといいかもしれません。カラーが豊富だと気持ちが高揚するじゃないですか。うちにはブルーとブラックとレッドがありますが、さらにイエローなどがあると嬉しいですよね。

あとはオモテ面とウラ面で色が違うタイプがあると、収納するモノによって分類できていいかもしれません。

さらに別売りのフタがあると、なくしたときや摩耗したときに便利だし、フタだけ色を替えることができれば、たとえばクリスマスシーズンには赤×白や緑×白を組み合わせるとお客様も喜ばれると思います。

バンカーズボックスのバリエーションは年々増えていて、次はどんな新製品が出るかとても楽しみにしています。

 

6

毎日頻繁にモノを出し入れするうえ、展示会のときはサンプルや備品を詰め込んで会場へ。使ってみて、バンカーズボックスの頑丈さに感心したと言う。

 

プロフィール

7

小柳 雄一郎(おやなぎ ゆういちろう)

G.F.G.S.代表/プロデューサー。自分の好きなものを追求していたらG.F.G.S.ができ、ORDER BORDERを始めた。まさしくGood Feel, Good Style.「心が動くことを、私たちらしいやり方で」。雑誌やCDなど、ORDER BORDERの世界観をひとつのカルチャーにしていきたいと思っている。現在、世界進出を視野に入れたプロジェクトも進行中。

 

 

 

Instagram

ページトップ